×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
ケロコン参加作品


No.012
作品名
宇宙警察官ポヨン(ぽこぺん人擬態ばーじょん)

製作者

はるまげどん様
製作者様からのコメント 素材:ラドール

塗装:サフ ソフト99ホワイト   
    Mrカラー タミヤカラー コピックミリペン黒 (0.03と0.05)   
    ペイントマーカー(銀) 色鉛筆 水性トップコート

製作期間:2ヶ月とちょいと 3つ目の作品です。

選択理由は、これはさすがに他にはないよな~っていうのと、意外に きゅーとだったんで。 では製作過程をざっと。

1.針金芯で骨組み
2.ラドール部分で盛りつけ
3.ポーズ仮組
4.ポーズ修正と肉付け~削りの繰り返し
5.分割~下地処理
6.塗装

今回一番しんどかったのは4.の行程でした。 前2作では、ここまで悩むことはありませんでしたが、今回はな かなか納得がいきませんでした。今でも改良が必要か?とも思います。 まぁしばらく放置してみてからでも、と思う事で少し気分がはれたので なんとか完成に至ったと。それ以外にも塗装後に破損などのトラブル続 出で、出来上がったときにはつかれた~というのが正直なところです。

スケールは、前2作に準ずるサイズです。海洋堂のケロギロが ちょうどいい感じやったんで並べてみました。いかがでしょうか?

今回一番気分よく出来たところは、瞳です。 今まで、思うような出来とはほど遠かったのですが、まぁまぁいいん ちゃう?って自分が納得できる出来にはなったと思います。

実は、作業 ルーペ(ヘッドランプに数種類のルーペがつけられる、アイデアグッズ みたいなの)を導入しまして、これがまたよく見える!!てことは、老 眼が来てたのか...これで作業効率も良くなるはず。 実は、初登場シーンの交番内座りのカットから製作を決めたのですが、 さすがに今の私のレベルではデスクや椅子までは...でしたの で、今回の擬態解除前のポーズとなったわけです。いずれ腕があがりま したら、チャレンジしてみたいです。
ラル はるまげどん様3作品目の参加です。
いつもありがとうございます。
前作品までで、すでにはるまげどんさんの技術・表現力はじゅうぶんわかっておりましたが、今回も例外なくすごいデキ。
キャラ選択がこれまたナイス!
参加表明をいただいてから完成にいたるまでの間、できあがるのが楽しみで楽しみでしょうがない作品でありました。
BBSでの進捗報告も、ありがとうございました。
中途での苦労されてるご様子、ひしひしと伝わってまいりましたよ。
こういう製作にたずさわる人であれば、共感できる臨場感あふれる進捗報告だったと思います。
一度決めたポーズの調整作業って、けっこうしんどかったりするんですよね。
一発で決まってくれれば良いんですが、肉付けしているうちにボリュームがかさんだ分バランスが微妙に違ってきたり。
パーツごとの分割作業であれば、しっかり全体のビジョンをイメージしているつもりでも、どっかこっか狂いが生じてきたり。
作業中は“良し!”と思っていても、少し時間をおいて眺めたら“なんか違う・・・”ってなってしまったりね。
フィギュア製作って、そこらへんが面倒なんですよね~。
たいへんだっていうの分かっていても、それでもつくってしまうのです。

今回の作品も、いろんな意味で良い刺激をいただくことができましたことに個人的に感謝。
また、UP作業中にいろいろとお手数かけさせてしまいましたことをこの場を借りてお詫びいたします。

これからも素敵な作品たくさんつくり続けて下さいね~!
次は何をつくられるんでしょ?











 表情も良いですね~。
 瞳の塗装、とってもGOODです!



 なんかホントのデニム地みたい。




フッターイメージ